引越しで電気・ガス・水道の手続きは必要?

引越しをすると、「電気」「ガス」「水道」といった公共設備の手続きも必要になります。

どれも引越しギリギリまで、引っ越し先でも引っ越してすぐに使いたいものばかりですよね。
ですから、穴をあけてしまわないようにきちんと手続きをしておくことが必要です。

とくにガスについては、新居での開栓時には立会が必ず求められますので、引越しの時間的な計画と合わせて予約をしておくことが必要です。

水道については、大抵の場合、開栓時も立ち会いは必要ありません。

電気も開通する時に立会などは必要ない場合がほとんどです。

どれも現住所での停止の手続きは電話連絡だけですんでしまいますが、上記のようにガスの開栓だけは立会が必要、ということは知っておきましょう。

どれもぎりぎりまで使いますので、停止は完全に引越しができるタイミングで止めるように配慮もしてもらえます。

また、電話連絡をする際には、できれば引越しの2週間は前に申し込んでおくと安心です。
最悪1週間前でも大丈夫ですが、なにかある場合にはあまりギリギリだと引っ越したはいいけど、ガスが使えないから料理もできないし、お風呂にも入れないんですけど・・・なんていうことになってしまいます。

電気が使えないと掃除機もかけられないですし、夜はいうまでもなく真っ暗。
なれた部屋ならまだしも、慣れていない新しい部屋の暗闇では思うように生活もできません。

困ることがないようにできるだけ事前にすませておくとよいのではないかと思います。